一陽来復御守 2017年12月22日 冬至に行きたい 早稲田穴八幡宮

金運の御守りで有名な早稲田の穴八幡宮様

去年の冬至の日に、初めて御守りをいただきに伺いました。

前から行ってみたいと思っていた穴八幡宮様。

仕事帰り、早稲田駅に着いたのは午後7時。冬至の日は頒布時間は午後9時までですが、鳥居の手前の歩道まで行列は続いていました。

夜のほうが空いているかと甘くみてました・・。

結局、御守りをいただいて帰路につくまで2時間近くかかりました。

一陽来復御守をお祭りする日時、場所、方角

お守りをお祭りする日時と場所が決まっています。

御守りと一緒に説明書きも添えられていますので、間違いのないようしっかり読んでおくことをおすすめします。

日時:冬至、大晦日、節分 いずれかの日の夜中の12時

場所:柱か壁のなるべく高いところ

方角:恵方の方に向け反対側

   【2018年の恵方(南南東)の方に向け反対側(北北西)】

お祭りする時間は厳守ということで、去年は授かった当日の冬至の夜12時、カウントダウンしながらお祭りしましたよ。

なんだか大変な一日だったと記憶してます。

一陽来復の効果、ご利益は

お守りだけのご利益とはいえないですが、仕事でいつもより大きな案件がきまったときは、御守りのおかげかなと感じています。

今年はお礼参りに伺いたいです。

=================================
穴八幡宮

東京都新宿区西早稲田2-1-11

頒布時間:冬至  朝5時~夜9時
     年内  朝8時~夜7時
     正月~節分  朝9時~夕5時