抗菌手袋おうちで洗える綿素材!つり革に触りたくないときにおすすめ

金属やプラスチックなど直接手で触りたくないときってありますよね。
電車のつり革や手すり、誰もが開け閉めするときにふれるドアノブなど。

そんなときは手袋をしていれば直接触れなくて済みます。
今回は生地は抗菌加工、しかもお家で洗える手袋をご紹介します。

抗菌手袋洗える綿素材クレンゼ生地(東京ベーシック)

こちらは抗菌、抗ウイルス機能生地「クレンゼ」を使用した抗菌手袋。
綿100%なので肌にやさしいのがうれしいですね。
50回洗濯しても、99%以上ウイルスの数を減らす洗濯耐久性の「クレンゼ」素材。
ブラックカラーはUV対策にもいいですね。

抗菌手袋洗える綿素材クレンゼ生地「まほうのプロテクション手袋」

こちらも抗菌加工されたコットン100%クレンゼ生地の手袋。
カラーはブラック・グレー・ネイビー・ホワイトの4色。
手首に白いレースがついています。
 
 

抗菌手袋でつり革や手すりからガード

不特定多数の人が触ったものに触れるのをためらうときがあります。
そんな時は、手袋をして予防したくなりますね。

抗菌手袋洗えるハイブリッド触媒加工生地(ヨークス)

こちらは、手袋の産地として知られる香川県の会社「ヨークス」の抗菌、抗ウイルス加工手袋。
生地は「ハイブリッド触媒ティオティオプレミアム」という特殊加工された生地を使用。
綿100%で抗菌、消臭、抗ウイルス、帯電防止と安全な生地が注目されています。
洗濯にも強く、繰り返し洗って使えるのはうれしいですね。

いまは素手で接触する部分は気をつけたいところ。
エレベーターのボタンや

スーパーの買い物かごなど

手袋をしていると気持ち的にもストレスが減りますね。
バスやタクシーなどの取っ手やバーもしっかりつかまることができます。
手荒れ予防にも抗菌手袋は必需品になるかもしれません。

さいごに

手袋を使用したあと洗うことが大事です。
繰り返し洗濯できるので、使い捨てではなく使えるのがうれしい。
特殊加工された抗菌手袋、母の日、父の日、プレゼントにもおすすめです。