オパール(Opal)毛糸で 靴下を編んでみたい!

冬の夜は、編み物をしたくなります。

セーターなどの大作は無理でも、小物は挑戦してみたい。
マフラー、帽子、腹巻、ちょっとがんばって、五本指手袋などなど。

いま気になっているのは くつした です。

つま先とかかと部分をなんとかクリアすれば、編めるかも。

魔法の毛糸 ドイツ製 オパール(Opal)

オパールの毛糸のことを知ったのはこの本からでした。

一本の糸から魔法のように柄があらわれる。

何本も毛糸をつかって編み込みしなくても、自然に模様ができてしまうのは魅力的です。
編んでみないと編地模様がわからないところもワクワクしますね。

くつ下に向く糸は、細めのナイロン混紡

毛糸は何でもウール%がいいのかと思っていました。
用途によっては混紡が良いんですね。

ナイロンが入っていたほうが擦れに強く、耐久性があります。

Opal毛糸 気仙沼カラー(KFS108) 森/グリーン系マルチカラー (b)5bj


Opal毛糸 セレクション(KFS133) キャンディ/グリーン系マルチカラー (b)5bj